人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

3つのメリット

ビリーズブートキャンプの3つのメリット。

食べ放題、

飲み放題、

快便。

もとい。

盗み食い、

盗み飲み、

のぐそ。

エルにとってのメリットだ。

今のところビリブーは、エルにしかメリットをもたらしていない状況だ。

音楽か、私の動きか、動物特有の勘か、ブートキャンプを始めると寝ていたエルがいつの間に起き出している。

必死でトレーニングしていたのだ、しばらくの間、気付かないでいた。

どうやらあの子は分かっている。一日の中に時々、私の監視が手薄になる特殊な時間があるということを。

エルのハッピーアワーだ。

ブートキャンプ中の水分補給のため、水の入ったコップが常にリビングのコタツテーブルの上に無防備に出ている状態になっている。

やがてエルはトコトコやってきて、私がヒーヒー言って腕立てなどやっているのも構わずその水を飲み放題飲む。

限界を知らない子である。飲み過ぎて吐くのが常だ。だから私が管理しているというのに。

しかし私は鬼ではない。いたいけにお水を飲むネコチャンから、それを取り上げるなどできん。

私がゲロを拭くことでこの子がいっとき幸せになるのなら。腕立てをしながら、菩薩になる。

今度は見えない後ろの方から、カリポリと乾燥餌を齧る音がして来る。

長老ネコ、ミュウのご飯だ。すっかりボケてしまっているので、「じいさん、ご飯はまだかいな」が頻繁になっている。なので、常にご飯がある状態にしてあるのだ。

だいたい私が気づくのが遅いので、エルが満足そうに舌なめずりをしながら歩いているのを見て「そういえばさっきのカリポリは」と合点がいくのだった。

そして、EE:AE4F5

エルがトイレを嫌っていることは何度も書いているが、そういう訳で隙あらば床でしようと思っているのである。

完全な、確信犯だ。こんなに側にいるのに、堂々と床に落とす。

コツンというその音で私は気づくが、だってもうしゃがんで出してますのよ、止められないじゃないですかEE:AEB64

ああーーー、とまるでブートキャンプの一部のように、私は深く床に膝をつく。

これらが実績となっていき、エルはますますハッピーアワーを謳歌するのだ。

トイレのしつけがなかなか上手くいかないので、やはり猫はあまり頭が良くないかと思っていた。

しかし、この習慣は非常に早くエルの身についた。

ちゃっかりしてやがる。