人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

御岳山

梅雨が明けたEE:AE482

待ちに待った山登りである。

行きたい場所はいくつかあったが、まずは最初に候補に挙がっていた御岳山から。

朝6時半のバスだEE:AEABF山登りの朝は早いぞ。

御岳山は、高尾山のようにいくつかのコースがある。

見どころから行きたい場所をチョイスし、時間・体力的に無理のないコースを事前に組んでおいた。

周辺の見どころで一番遠い綾広の滝は、復路が2時間となっていたので断念。

七代の滝を見てロックガーデンで戻ることにした。予定では、1時間半ほどの行程である。

御嶽駅(あれ?こっちは御岳じゃないのか?)からはバスでケーブルカー乗り場へ。ケーブルカーで、御岳山駅まで。

歩こうと思えば歩けるらしいが、私の足ではこの後のコースで精一杯である。

まずは武蔵御嶽神社へ。

ケーブルカーを降りると、小さな小さな町を通って行く。

宿坊が多く、タイプスリップしたような気分になれる。

神社への階段は330段と聞いており、心底不安であった。くどいが私は階段が死ぬほど苦手だ。

しかし、これから山に入るのだ。こんなところでヘタレたくはない。

時に私は今ちょっとした悩みを抱えており、神にすがるような気持ちもあった。何だか試されているみたいだったので、頑張って上ったEE:AE5B1

休み休み行ったので、思ったよりは楽であった。

さて、まずは七代の滝へ。行って戻って、別のルートを行く予定であった。

地図上ではちょっと先、ぐらいのイメージだったのだが、とんでもない。ガッツリ普通に登山コースである。

下りだが、序盤は急勾配が続く(後で分かったが、こっちはハードな近道コースであった)。

泣けてくる。辛いからではない。あまりの虚弱に情けないのである。

どこに足を置いたらいいのか迷う。そこに置いたら滑るんじゃないかと不安になる。滑らないように慎重に足を置く。体力回復に(ひと足ごとにである)呼吸を整える。

こんなんで、とてつもなく時間がかかるのであった。

「滑りそうで怖い滑りそうで怖い」と言いながら躊躇していると、「大丈夫大丈夫」という声が背後から。後ろから追い付いた他人のカップルであった(笑)

これ、滝見たら戻って来るんだよね・・・、不安EE:AEB64

難所(個人レベル的難所だ)を過ぎると楽しむ余裕も生まれてくる。

滝は岩陰になっているので、沢を渡って覗き込まなくてはならない。

その秘境具合が良かったEE:AEAAB

大昔から、変わらぬ姿でここにあるのだろうと思うと感慨深い。

たまたま迷い込んだ人は、どんな気持ちになっただろうか。

さて、本来なら来た道を戻るはずだったのだが、次の目的地ロックガーデンへの案内がこの先に続いていた。

どうせ同じ場所に行くんだし、こっちから行ってみようと軽い気持ちで矢印に従った。

当初予定していたコースは行ってないので比較はできないが、凄くいいコースだったので結果オーライである。

個人レベル的難所もあるにはあったが、ピンポイントなので苦行的辛さはなかった。

例えばこんなん(笑)

下から見上げた角度になっている。そこそこ急で、どうしたらいいのか途方に暮れてしまった。

まぁ意外と何とかなるものである。

ロックガーデンの一帯は、苔むした樹木や岩の中を歩く幻想的なエリアである。

どうやらこの辺りから、テンションがおかしくなってきた(笑)

マイナスイオン効果なのか??

両手広げてクルクル回りながら歌でも歌いたいような気持ちだ。

無性に、感謝したい。

多幸感。

そして突然、悩みから解き放たれたのである。

山には神様がいるぞEE:AE482

小さな滝の連続のような沢沿いを歩いて行く。

ここもコースだ。

崖のような岩の下を抜ける。

七代の滝からは上りになるが、沢や階段を見上げる角度になるので景色がいい。歩くなら断然上りがオススメだ。

やがてまた別の滝に着いた。遠くて断念した、綾広の滝であった。

ウッソ、そこまで来ちゃったEE:AEB2F

滝行にも使われるというこの滝は、そうと知らずしても神々しい滝であった。思わず手を合わせる。恐れ多くて写真を撮れなかった。恐れることはなかろうが、俗っぽいことをしたくなかったのである。

この先に、Uターンする別のコースがあった。これが件の2時間コースと思われる。

これから2時間歩くのか、と不安になったが、来た道をそのまま戻るとなると、リアルに「あそこをまた通る」と浮かんでしまう。

上れたけど下りれそうもない箇所があったので、2時間コースを戻ることにする。

今度はどこにも寄るポイントはなく、ひたすら戻るだけの道だ。

しかし比較的平坦で、歩きやすい。1時間もかからなかった。

私の足で3時間ぐらいのコースであった。

途中でコースを変更したが、結果的に凄くいいコースだったので満足度が高い。

難易度としては「これで初心者向けかぁEE:AEB64」という感じだが、また行きたいという気持ちが強い。

癒し効果抜群のお勧めコースである。いくらも行ったこともないのにお勧めもなんだが(笑)

トレッキングポールが欲しい。筋肉痛凄まじい。