人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

今更の感がありますが。

ペヤング焼きそば「獄激辛」。

「END」を超える最強の辛さという、ペヤングの挑戦状ともいえる激辛焼きそばだ。

さすがにちょっと怖くなり、いざとなったら混ぜて食べられるように「超大盛りマシマシキャベツ」も買っておいたのだ。

なかなか食べるチャンスがないので、そのチャンスをわざわざ作ったのだった。

参考までに、これまでのペヤング「激辛」は普通に美味しく、「END」はヒーヒー言いながらも食べられる範囲であった。

激辛系のカップ麺で食べられなかったことは皆無、ただしカレーで痛い目に2度ほど合っている(笑)

匂いは普通だ。まずはそのまま食べる。

・・・辛くないぞ。よし、今のうちに勢いつけて行けるだけ行って・・・、はもうしない(笑)ヤバ辛の場合、これが原因で取り返しがつかない事態になるのだ・・・・・。

意識して、ゆっくり口に運ぶ。

辛さは後からやって来たが、穏やかである。なので私も箸を止めずに食べ進める。

しかし確実に辛さは、蓄積されていく。

やがてそれは、認めざるを得ない存在となる。

「辛い。」

それは留まることを知らぬ得体のしれぬ生物のように、ジワジワと力を増して浸食してくる。

止まらぬ辛さ。止まる箸。

「これちょっと無理EE:AEB30」口の周りがビリビリと痛んでいる。これは焼きそばなのか。電気ウナギではないのか。

今回はもう、早々に白旗を上げた。負けは明らかなのにいつまでも頑張ると、ロクな目に合わないからだ。

マシマシキャベツを獄激辛に乗せる。

マシマシ7:獄激辛3にマヨネーズをかけてやっと食べられるぐらいになった。

参った。

混ぜたら混ぜたで量が激増したので、今度はそっちで苦しかった(笑)

完敗だ。

しかし、辛さを感知するまでは美味しかったことを、伝えておきたい。そういう意味では、ただ辛いだけではない。辛くなるまでの話だが。いや、辛いんだけど。