人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

脱線

片付けをしていたら、古くて汚いお金が出て来たのだ。

いとも簡単に、脱線した。

これ、磨いたら綺麗になるかなEE:AEB2F

一番右の見慣れぬ穴開きは、50円玉であった。比較的、きれい。

しかし他の2つは汚れ過ぎてて分からない。

これも、判別できるのは10円玉だけだ。

さて、脱線は調べるところから始まる。硬貨を綺麗にする方法・・・。

色々あったが、重曹や酸が効くと言うので茶色系をクエン酸に、シルバー系を重曹に漬けることにした。

重曹の方、写真の保存に失敗していた。

耐熱容器にアルミホイルを敷いて硬貨を入れ重曹をかけ、その上に熱湯をかけて漬けておくという方法。

これでもそこそこ落ちたが、ダメ押しでクエン酸の袋の方に一緒に入れてしまった。

ペースト状がいいというが、サラサラで難しかった。クエン酸水。

そのまま寝てしまった(笑)

朝になると、こんな感じになっていた。

10円と50円が、すごく綺麗になっていた。

さらにそれを歯ブラシで擦って、こんな感じだ。

かなりいいが、う~ん、もうちょっと何とかならんものか。

特に茶色系。

YouTubeに、ピカールで磨くという動画があった(笑)ピカール、あるよ、うちにもEE:AEB30

ピカール、すごいぞEE:AEAAB

これをピカールで磨いたら、

ここまで綺麗になったEE:AE482

全ての正体が判明、年代も読み取れるようになった。

何だか分からなかったのは、古い100円玉であった。

かなり綺麗にはなったが、う~~ん、もう少し何とかならないものだろうか(笑)

ピカールはマイクロファイバークロスで磨いたのだが、もっと細部にまで入り込めればもっと綺麗にならないか。

時間があってまだ情熱が残っていたら、歯ブラシで擦ってみようと思う。

二日間にわたる脱線であった。

三日目に続く予定。