人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

悪魔が舞い降りる夜

もう、目を開けているだけでも辛い。

日差しも、映る風景も、頭痛を誘発して内臓を刺激する。

なんでライブ当日にこんなコンディションに・・・。

なんでライブ前日にあんなに飲んでしまったか・・・・・・・。

「前回も具合悪かったよねEE:AEB2F」本番前のリハで、メンバーが言う。

「いや、たいがい具合悪い日でしょ、ライブ当日って・・・。」続けたのは、若きボーカリストのショーゴくん。彼も毎度、ヘビーな飲みの翌日である(笑)だいたいライブは休日なので、前の日に飲み過ぎるという話だ。もちろん彼も、二日酔いであった。

マネージャーがいるという非常に貴重なバンドである。彼がキーボードのセッティングをしてくれたので、本当に助かった。あれがなかったら吐いてたいかもしれない。二日酔いに必要なのは、ナロンエースとマネージャーである。

聖飢魔Ⅱのコピバンだ。メイクもガッツリ。

私は上手く描けないので、下地の白だけお手伝いいたしましたEE:AEAD9

大変なところを頑張ってくれたユキちゃん、さっちゃん、タケちゃんの奥さん、本当にありがとうEE:AEAAB

本番は、一番手。

お酒がまだ回る前というデメリット(メリットなのか??)がある代わり、終わったら心置きなく飲めるというメリットがある。

ビール1杯で臨んだが、緊張もせず楽しくやれたと思う。

ボーカリストは酔ったぐらいがいいんじゃないかという話をしていた時、「飲めば楽にはなるけどそのぶん歌詞が流れて行く。」と言っていたショーゴくん。

最後の曲はもう歌詞がさっぱり思い出せず、作詞しながらの歌だった模様(笑)

ボーカルあるあるだ。

そんなショーゴくんは結婚して青森に行ってしまったのでなかなか活動できるバンドではなくなってしまったが、ホンワカとした雰囲気のこのバンドが私は大好きだ。

次はいつになるのかな??

さて、これから動画を観て、ひとり反省会を始める。