人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ラッキー、腎不全3

昨日、今日と面会に行き、検査の結果を聞いているが、順調に数値は改善されている。

しかしもう戻らない数値は戻りようがないとのことで、ある程度のところで退院となる。

今日でもいいですよ、とのことだったが、急だったので明日連れて帰ることにした。

今後の治療は明日詳しく聞くのでまだ分からない。

治らない病気、かつ末期とのことで、できるだけ現状を維持できるような治療になるという。

また、心臓の病気の疑い、貧血の改善などのオマケがついてきた。

これも並行して対処していくことになりそうだ。

面会に行くと、喜んで鳴き、顔を擦り付けて来る。

病院のスタッフにも懐いて来たみたいで、その辺はホッとしている。

エルが病気だった頃を思い出す。

退院は喜ばしいことなのに、私達でラッキーを支え切れるだろうか。

病院にいることは、ラッキーにストレスがあるかもしれないが、常にそばにスタッフがいるのである。

それでも、「家族」という自負がある。

私達だから気付けることがある。

私達だから力になれることもある。

と信じて。

明日、ラッキーが帰って来る。