人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

麻辣椀@久米川

火鍋。一人前・2500円。

要予約、麻辣椀のスペシャルディナーだ。

Facebookで友人が投稿した写真を見てたまらなくなり、どうしても食べたくなってしまったのである。

期間は3月いっぱい、ギリギリ31日に滑り込んだのであった。

予約した時間に行くと、すでに鍋には火が入っていて準備は万端。

雨の降る、寒い夜。

ふつふつと沸いている真っ赤な火鍋に吸い寄せられる。

唐辛子にハバネロ??

山椒の粒やら色々と入っている。

テーブルにはた~~~~~~~くさんの具材が並べられていた。

野菜その1。

その2。

こんにゃくかな?と思ってたら、食べてみると初めての食感。

きしめん状のものはモチモチしていて、緑の方はもうちょっと硬めのモッチリ。

どっちも美味しかったEE:AE595

豆腐と湯葉かな?と思ったのだが、こちらも初めての味。

豆腐っぽいのは高野豆腐みたいなスポンジ系、湯葉っぽいのは湯葉かもしれん(笑)

肉もある。

ヘルシーなロース??。

中華だ、水餃子。

モツ系3種盛り。

タンかと思ったら、あっさりしたスパムみたいな。

エビワンタン。

もともと鍋には魚が入っていて、まずこれを食べてから、具材をどんどん入れていく。

今回はサメ。

フワッフワに柔らかく、火鍋の味が染み込んで超絶美味しいEE:AEB30

具材はクッタリするぐらいがオススメとのことで良く煮込んで食べたが、確かに、味が染み込んでとても美味しかった。

そのままでも美味しいが、卓上にオイスターソース、ニンニク、黒酢、ごま油が置いてあり、ここれを混ぜたタレで食べるとまた一層美味しい。

もうホント、絶叫したくなるぐらいに美味しかった。

山椒が口の中で弾けて香りが広がる。

唐辛子の辛味。

しかし不思議とヒーヒーいうような辛味ではないのだ。確かに辛いが、辛いより先にとにかく美味しいのである。

衝撃の鍋であった。

量も十分、ここ2、3年で一番食べたんじゃないかってぐらいのボリュームであった(笑)

それでもご覧のように、具材はどれもヘルシー。罪がない。

とりあえずこの火鍋、3月で終わってしまったが、また秋に再開するとのこと。

まだチャンスはあるので、それまでこのお店を盛り上げていこうではないか。

「味には自信がありますEE:AEACD」と控えめに仰った店主さま。

どの料理も丁寧に作られていて、その意気込みを感じることができる。

こういうお店をなくしてはいけない。

まず一度、お店に足を運んでみて欲しい。

ぽ子評価です。5段階でオール5EE:AEB30

大満足でございましたEE:AEAD9

麻辣椀(マーラーワン)・食べログ