人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ファイナルファンタジーⅩⅢ-2 ~スノウ編・6~

一年後のスノウ編である。

仲間モンスを育成し、ヴァルファズルにも勝ったので、ナメておった。

復習もそこそこに、もう色々考えるのは面倒だったので、ジャマーとエンハンサーは入れないことにしたのだ。

アタッカーとブラスターで攻撃、ヒーラーで回復、守りと挑発にディフェンダー。

シンプルにいく。

スノウ、つえ~~~EE:AEB64

細かいことは忘れていたが、とにかくスノウのテンションを最後の段階まで上げさせない、それだけは気を付けていたつもりだ。

しかしリーダーチェンジ、手動コマンド入力、スノウの攻撃形態のチェックなどどえらい忙しく、そのうち挑発すら面倒になった。

もう倒れるなら倒れてくれ。それをレイズで復帰させた方が早い。

などという横着をしたので、スノウのセリフの確認が手薄になった。

気がついたらルーラーフィストを食らって、倒れていた・・・・・。という結果である。

まず、アタッカーの物理攻撃は微々たるものなので、ブレイクを狙った方が断然効率がいい。

まぁそれでも、HPは半分ほど削った(笑)

ルーラーフィストにさえ気をつけていれば、この方法でも時間をかければ倒すことは可能だとは思う。

でも多分、それだと☆がつかないだろう。

どうせもう一度勝つなら、気持ち良く勝ちたいものである。

前回の戦法でいくなら、ジャマーが必要になって来る。

となると、また育成しないと・・・EE:AEB64

最低でも、HPと防御面を上げておかないと、不安である。

なんでジャマー入れてたんだろ??

スノウの強化魔法を消すためか??

それだけなら、仲間モンスを強化してあるから耐えうるような気がしないでもないんだが。

せっかく強化したのだ、次回もジャマーは抜いて戦ってみようと思う。