人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

流れていく週末

EE:AE53E拍手、いっぱいありがとうございます。もう何人の幸せを願ったらいいのかEE:AEB64ひとり残らず、幸せになってくれEE:AEB30EE:AE53E

バンド仲間近辺で風邪が流行っているが、とうとう私にもその波が及んできたようだ。

よりによって、週末始まる金曜日の事である。

少し前から喉の痛みがあったが、微熱が出始めていた。

しかしそんな事を知られてしまっては、禁酒令が出されてしまう。

「うん、なんかちょっと風邪っぽいね」程度の顔で、仕事帰りのダンナと合流。

ライブラッシュの大きなヤマを越えて、この週末は久しぶりの休日である。

季節は春。土曜日は天気も良さそうだ。

明日は何しようか?

居酒屋のカウンターでビールを飲みながら、心躍る計画など立てていく。

上野の展覧会に行き、上野公園あたりを散策し、余力があれば動物園へ、そしてまだ明るいうちにアメ横で・・・。

話しながら私は心の中で「無理っぺー、これは無理っぺー、ダンナよごめん。私ぁ自信ないよ・・・。」と謝っていた。

自分の体の事である、48年も付き合っていれば、だいたい想像がつく。

風邪のピークは、このあと来るはずだ。

あぁ、せっかく休日が、私の風邪で流れていく。

無駄飯食いのウスラボケが風邪引いて、稼ぎ頭の楽しみが流れていくのである。

そんな不条理はあってはいけない。翌日私はシレッとして支度をした。

まず駅でランチを食べることになったのだが、何にするか、「ラーメン」(食べやすいけどちょっと重いか)、「定食」(焼き魚も肉もちょっと重い)、「海鮮丼」(味噌汁で流し込めば何とか)、カッコ内の言葉は私の心の声だったが、ついにポロッと口から出てしまったのは「カレーなら食べやすいかも。」であった。

「食べやすい」という言い方をしてしまったのが失敗であった。

「えっEE:AEB2F具合悪いのEE:AEB2F今日はもうやめようEE:AE5B1」という、避けるべくシナリオに。

大丈夫、いや、無理は良くない、を繰り返しつつカレーを食べ終わると、腹が一杯になっていた。

うん、無理は良くない。

まだ来週チャンスがある。

大人しく家に帰ることにした。

それにしても、晴天。

もったいないのでせめて家まで川沿いを歩いて帰ることにしたが、上野まで行かないで良かったよEE:AE5B1

ゴールが家で良かった。

無理は良くない。

休日がもったいないので、家で飲んだ。

悪酔いもせず、皿まで洗って早めの就寝。

その甲斐あって、朝も早くに目が覚めるのだが、そのとき私を起こしたのは・・・。

つづく。