人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ファイナルファンタジーⅩⅢ-2 ~鎧ライトニング修正・1~

ブラスター育成中に、間違えて鎧ライトニングに継承してしまったものがふたつ。 これによって所持アビリティが変わってしまったのである。これを修正したい。 が、せっかく育成法が分かって来たので、ここは元通りに戻すのではなく、あえて自分好みのアタッカーに「再育成」してみようと思ったのだ。 現在のライトニングのアビリティは、以下の状況である。 緑字は黄鍵、カッコ内は優先順位。 ・ダメージ限界突破 ・忍耐MAX ・アタッカー強化 ・早期ブレイク(5) ・チェーンボーナスUP改(6) ・攻撃してATB回復(6) ・HP+30%(4) ・各種異常耐性+40%(4) ・ロール同調(5) ・物理攻撃+35%(5) 考えた結果、いらないアビリティは恐らく間違えてくっつけたであろう「早期ブレイク」と「チェーンボーナスUP改」。 欲しいアビリティが、「ピンチにパワフル改(6)」と「ピンチにヘイスト(4)」だ。 迷ったが、守りはヒーラーに任せ、攻撃力を上げることに注力することにした。 後で気づいたが、アンサンブル入れておけば良かったEE:AE5B1 ライトがバトルメンバーに入ってれば、嫌でもアンサンブルになるじゃないか・・・。 手順としてはまず、これから継承したいピンチにヘイストの優先順位が4なので、優先順位5のロール同調物理攻撃+35%を黄鍵にしなくてはならない。 ロール同調は、エーゲル自律機雷Lv30を継承して黄鍵に。 トンベリLv24を継承して、物理攻撃+35%も黄鍵に。 そして、いらないアビリティふたつを白鍵に戻さなくてはならないが、これは上手いこと継承したいアビリティを所有するモンスがどちらも持っていたので、自然と白になるはずである。 次に新たなアビリティを継承する。 ピンチにヘイスト(4)は青チョコボLv45から継承。 氷耐性*33%(10)チェーンボーナスUP改(6)も継承されるが、氷耐性は優先順位が低いので消え、チェーンボーナスUP改はもともと持っているので、黄鍵から白鍵に。ちょうど良かった。これにて優先順位の低いチェーンボーナスUP改も、新たに入ったピンチにヘイストに押し出されて消えた。 そして最後に、ピンチにパワフル改の継承。 これは優先順位が6と低いので、黄鍵にして継承する。 ゴルゴンゾーラがLv54でピンチにパワフル、Lv68でピンチにパワフル改を覚えるので、この2体を合体させてくっつけるつもりであった。 しかしここで問題2つ。 ゴルゴンゾーラ同士をくっつけることはできないのねEE:AE5B1モンス、1体しか仲間にできないからねEE:AEB64 で、これは、余計なアビリティを持たない初期状態のモンスに2体を経由して、ライトに継承することにした。 しかしだよ。 ゴルゴンゾーラLv68から継承されるアビリティは、 ・ピンチにパワフル改 ・早期ブレイク ・物理攻撃+35% と、3つ。 早期ブレイクはどうせ白鍵にして落としたかったのでちょうどいいが、物理攻撃も白鍵になってしまうのだ。となると、物理攻撃の方が下に下がるので、こっちが消えてしまう。 つまり、早期ブレイク物理攻撃を同時に白鍵にできないということである。 しかもややこしいことに、現状でライトが所持している物理攻撃は35%、ゴルゴンゾーラの物理攻撃は+25%。 白を黄にすることのできない数字なのである。 もうぽ子、限界EE:AEB64 わざわざ書くこともないのだろうが、人のフンドシで相撲を取りたくないのであえて言う。単純に私の心情の問題だ。 ダンナに考えて貰ったよEE:AEB64 結果。 やってみないとうまくいくか分からないが、 ①まず物理攻撃+35%だけを白鍵にする。(多数モンス継承可能。手持ちから何でも。) ②余計なアビリティのついていない初期状態のモンスAに、ゴルゴンゾーラLv54(ドレッドノートLv9でもいいのか?)とLv68を継承する。(早期ブレイク、物理攻撃+25%、ピンチにパワフル改 ③そのモンスAの物理攻撃+25%を黄鍵のまま35%にする。(トンベリLv24) トンベリの魔法攻撃+35%(5)仲間戦闘不能で強化(7)も継承されるが、優先順位が低いので、ライトに継承する時に消える。 ④このモンスAを、ライトに継承する。 ・・・となるはずである。 なによ、トンベリつけたばっかりだったが、やらなきゃ良かったのか。 これで何とかなるはずだ。 あとは実践あるのみ。 結果はこれからである。