人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

深夜、スマホ、ブーブー

一体何時に帰って来たのか。

布団に入って寝ていたところをみると、それだけの気力は辛うじて残っていたと思われるが、翌日目が覚めたのはもう昼前だ。11時半。

オエッ、きもっEE:AE5B1

せっかくダンナは休みを取っていたのに、これはもう終わった感。

こうなると汁物麺類しか喉を通らない。

ラーメンを食べてお腹が膨れると、今度はかったるくなる。

さっき起きてラーメンを食べただけだが、家に帰ったら布団に直行だ。

起きたらもう真っ暗。

まだまだ寝れそうではあったが、晩ご飯の買い出しに行かなくてはならなかった。

ちょうど半額タイムである。

自転車で店内まで5分のスーパーへ、ダンナを起こして車を出してもらう。

夜になっても二日酔いは癒えるばかりか、かったるくて何もする気にならない。

もう起きていることすら辛い。

晩ご飯に蕎麦を食べたら、また布団に舞い戻る。

SNSの現実世界へ顔を出しておこう。

一日見ないと、とんでもなく話が流れてしまうのだ。

二日酔いで死んでます、なんていう投稿はまるっきり見られない。

みんな、真っ当に生きているのだ。

飲んでもちゃんと、生きているのだ。

そのまま寝てしまいたいぐらいだったが、朝ご飯の仕込みがあったのだ。

流しには洗い物が溜まっている。げえ。

もう流しには手を付けないでそのまま調理だけしようと思う。明日でいいよ、いつもそうじゃん。

そこで思い出した「皿拭き革命」。

あぁ、この邪魔な汚れものがなければ、調理も気持ち良くできるのだ。

そもそもまな板置くスペースもないじゃないか。

ハイハイハイハイ、やりますよ、拭いてしまって洗いますよ。

最終的に布団に入ったのは、日付が変わってからである。

寝る前のスマホは禁じたはずだったが、全く眠くなかったのでつい手に取ってしまった。

眠くないのである。終わりは見えない。

やがてキンコーンという音が、その小さな機械から鳴る。

2時。メッセンジャー。

開いてみると、それはバンド仲間のグループであった。日中音沙汰のなかった、ギタリスト夫妻であった。

さては飲ん・・・、「今仕事から帰りました。」

えーっ!?てっきり飲み休日だと・・・。

乾杯の写真が送られてくる。い、今から・・・。

「おいでよ~♪」などといいうありえない誘いに、「はーいEE:AE5BE」という返事が入る。

行きつけのライブバーの若きスタッフ、ユキティだ。起きてたんかいEE:AE482

彼女はいつも夜中に目が覚める、と言っていた。

メッセンジャーの着信音で起こしてしまったかと思ったよEE:AE5B1

そこから彼女も加わり、深夜のチャットは延々と続いていく。

やがて、「スマホがブーブー」というべーしすと氏の書き込みが入る。

こちらは正真正銘、着信音で起こされた方(笑)

目が覚めてしまったので、せんべいを食べるかどうか迷っていた。

こうしてまたひとり、寝不足が確定する。

何度か「もう寝よう」「おやすみ!」のやり取りをして、結局解散したのは何時だったんだろうか。

私は昼に(朝?夕方??夜??)散々寝たので眠くならず、ウトウトしたところで地震だ。

結構大きかったのでビックリしてすぐにさっきのグループメッセに書き込んだが、即レス来た、ユキティ(笑)あなた、ちゃんと寝てます??

そして時間差で前夜のメンバーが現れ、仕事へ、学校へ、飲み屋へ(行ったのだろうか?)と散って行った。

不思議な夜だった。

ダンナはグッスリ眠っていた模様。

この隙に、ヤバい写真、出しちゃえば良かったのに(笑)