人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

虹色大失態

目が覚めるなり思い出し、叫び出したくなった。

道を歩いていても、思わず唸ってしまう。

家のシンセを見るのも辛い。

最悪じゃ。

・・・と思っているのは私以外のメンバーではないかと思うとなお最悪である。

ebbi嬢によるP恒例ライブ、MFR。

今回は出演枠はなかったが、セッション2曲。

DoobieBrothersのChinaGroveは、まぁコード弾きだ。何とかなる。

RainbowのLostInHollywoodが・・・・・・・・EE:AEB64

そもそもキーボードは間奏とソロ部分だけなので、手の空いているところはコードで4分(4ぷん、ではない。そんなに押さえていたら曲が終わってしまう。4ぶ、4拍だ。)という、至極簡単なものを入れておく。

間奏部分にはまず、高速アルペジオとベースライン。

2周目にはこれにソロが加わる。

まず高速アルペジオと腕3本分の2周目が不可能だ。これを可能にしなくてはならなかった。

アルペジオは中速にアレンジ、2周目はアルペジオをカットしてベースラインとソロのみにする。

楽譜に起こして弾いてみたら、アルペジオが弾けなかったEE:AE5B1

左手のベースラインもちょいちょい間違えるしなEE:AE5B1

もうこれは無理をせず、できるだけ簡素化してしまおう。

アルペジオも4分のコードに。チャラララララがチャー、ってそれだけ。ごめんなさい。

これが当日の直前練習でも、左手が不安だ。ギリギリまでアルペジオの練習をしていたため、左手がおざなりだったのである。

えーいもう、どうせギターも入ってるし、左手はカットだEE:AEB30

こうして極限まで簡素化されたLostInHollywoodのキーボードができあがったのであった。

「ぽ子殿、キーボードよろしく頼みまする。」

「田村殿、失敗しとうないので、極限まで簡素化したでござる。」

「もうソロ部分だけやってくれれば良いでござる。」

「何としてでもソロだけは弾くでござる。」

ギターのタムさんとは、いつの頃からか怪しいお侍さん語を交わすようになっている。

「自分」を指す言葉がわからず「わらわ」になっているが、侍や大奥は「わらわ」と言うだろうか?

そして、田村殿の言われた通り、わらわはソロだけは何とかなると思っていたのだ。ゆっくりで簡単な単音ソロだ。しかもここまで簡素化して、もう弾けない理由がない。

曲が始まる前には、わざわざボーカルのebbiちゃんが私を紹介してくれたりして、テンションも上がった。

できる。

イケるぞ、今回は。

しつこいが、ここまで簡素化したのである(笑)

まぁここまでもったいつければオチは分かると思うが、酷い有様であった。

問題はやはり間奏部分で、まず、勝手に左手のベースラインをカットしたために、ベースラインが全くのお留守状態になってしまった。

なぜ他に誰も弾かなかったのかは謎だ。私が弾くと言ったから、任されていたのかもしれない。

そこで泡食ってしまい、2周目のソロに入れなかった。入れなかったので楽譜を遭難した。遭難したので弾けない。手に勝手に弾かせたが、勝手に弾いているのである、曲も何もあったものではない。

あそこね、ドラムも消えてね、ギターもベースも頭に1発ずつ入るだけ、完全にキーボードの見せ場だというのにだね、この体たらく。

何度も酷い失敗をしてきたが、これは殿堂の黒犬大混乱に並ぶ大失態であった。

二日経ったが、まだまだ傷は癒えぬ。

時々フッと頭にあのフレーズが浮かんできては、叫びだしそうになる。