人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ファイナルファンタジーⅩⅢ-2 ~フラグメントコンプ・15~

深刻なオーパーツ不足である。アルティマニアを見て適当にアタリをつけて探しにいくしかない。

怪しいのは新都アカデミアAF4XX年の路地裏。

アカデミアの街はかなり入り組んでいるので、取り逃しなら考えられる。

あったよEE:AEB64

じゃあ早速、それ持ってそのままアカデミアのゲートへ。

出た先は、ヴァイルピークスAF010年、前作と合わせても、初めての場所だ。

これはワクワクするねぇEE:AE478やりこみの段階で、まだ新たに行ける場所があるとは。

しかし小さなエリアで、やれることも少なかった。

散り散りに離れてしまった仲間の捜索を依頼され、しかし本来はAF200年から来るべきだったようで、すぐに行き詰ってしまった。

やれることがないので、またオーパーツ探しだ。

今度はアルカキルティ大平原へ。ここも広いから、取り逃している可能性は高い。

成長アイテムとギル稼ぎのため、できるだけザコも倒しているのだが、フォモールとかいうのとエンカウント、全滅したわEE:AE4E6

もう早く用事を片付けたかったので、ここはチョコボで。

あったよーEE:AEB64

今度はこれを持ってそのままゲートへ。

着いた先は、同じくヴァイルピークスのAF200年であった。

ここでもやれることはいくらもなかった。

探していた隊員が何人か見つかったが、依頼は010年である。

証拠のコンパスを持って、今度は010年に戻る。

依頼人に話しかけても、変化がない。

ここでまた行き詰ったのだが、さっき攻略チャートをちょっと見たら、話しかける相手を間違えていた模様EE:AE5B1

次はもっと奥にいたレイのところに行く。

これで話が進むはずだ。

いざ。