人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ファイナルファンタジーⅩⅢ-2 ~フラグメントコンプ・13~

ヨミ戦、4回目。

これでダメだったら、ひとまずヨミは後回しにすることにした。

フェニックスの尾を買おうと思ったら、スカンピンであった(笑)無駄に温存しておいた武器を売る。

今回はブラスターとアタッカーを交代させた。

アタッカーはまともに育てたのがいなかったので、現時点で一番攻撃力のある金チョコボを入れる。

いい名前だけど、まだあまり育っていない。

HPが5000を超えていたので、何とかなると踏んだ。

基本の攻撃は、JJDかAJDで弱体化を入れてから、AAD。

ふたつも入ればやっとという感じで、終盤はもう、ひとつだけ入ればいいと妥協。

常にディフェンダーがいてくれるので、攻撃2人はHPを守ることができる。

金城鉄壁の間にHHHで回復、余裕があったらEJDでディフェンダーを守る。

強化魔法は結局消されてしまうが、時間稼ぎぐらいにはなっていたのだろうか。

プリン衛生兵のハイパーレスキューに何度も救われた。

しばらくはこれで安定していたが、後半の魔旋風がキツい。見逃さずにDDDに。

それでもダメージはカバーできなくなってくる。

早めにポーションを使うようにする。

場合によっては金城鉄壁を待てずにHHHとなるが、守りがなくなるので危険であった。HHDのパラダイムを入れておけば良かった。

しかし、何とか勝ったのであるEE:AE5B1

もちろん星はなし、タイムは見る余裕もなかった。

後で気づいたが、ディフェンダーは常に仲間モンスのトーチカトータスに一任していたので、金チョコボ出してなかったEE:AEB64アタッカーはノエルとセラであった。

まぁセラと金チョコとどっちが強いのか、見もしなかったのだ。意外とセラの方が強かったかもしれない。一応、ロールはすべてLv99になっている。

はー、苦労したが、勝ちは勝ちだ。

フラグ回収ということで、次に行こうと思う。