人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

立川マシマシ秘密工場@青梅

青梅方面に用事ができたので、ZATSUさん方面生かす(笑)

二郎系があったので、そこに決まり。

 

特に何も調べないで行ったので(私が寝ている間にダンナが調べてくれたのである)、量など詳しいことは分からない。

行ってみると、小の麺は200g、ミニが150gとのことで迷う。

迷った挙句ミニにしたのだが、正解だったよ、いや、むしろ・・・・・・・。

 

女性スタッフの細やかで明るい接客が気持ち良い。

トッピングの注文は、二郎と同じスタイルだ。ニンニク、はい。以上。

 

し、しかしっ。

野菜凄いっすね・・・。

「ミニ」という名前に油断していたが、かなりの山である。

麺が出てこない(笑)

ビクともしないので、上の野菜から食べ始める。

背脂のようなタレのようなものがかかっているので、それを混ぜつつ。

シャキシャキ感の残る茹で具合が絶妙。

 

麺が出てこないので、野菜をスープに浸しながら食べる。

豚骨の風味が効き、濃い目のインパクトあるスープだ。たっぷりの野菜もサクサク食べられる。

 

チャーシューないのね。その分野菜が多いのかな??・・・などと思いながら食べていたら、野菜の下からチャーシュー出てきた!!ものごっつデカいやつ!!

スライスでも肉片でもない、肉塊だ。

握りこぶしみたいなのがゴロンゴロン入っている・・・。

ホロリと柔らかく、しっかり味がついてとても美味しい。

美味しいけど・・・、これで腹が膨らんでしまった。まだ麺、ほとんど食べてないのに・・・(笑)

 

腹一杯になっている場合ではない、ガンガン進まないと、しかしチャーシューを残すと後がキツそうである。

8割方食べたところで非常に不安になり、今度はまんべんなく食べる方へ変更。

麺は、かるくよじれた極太麺。

ムッチリとした弾力があり、食べ応えあり。食べ応え・・・。

 

もう限界、というところでまだ普通のラーメン1杯分ぐらい残っていた。げ、限界・・・。

「ちょっと、取り替えない!?」

「ええっ!?俺も自分ので精一杯だよ!」

しかし明らかに私とは食べるスピードが違うのだ。イケる、イケるよ!!頑張って(泣)

 

頑張った!

いつもなら食べるようなカスカスは残してしまったが、一応「食べた」という体裁はギリギリ整った。

 

いや~~~~、美味しかったけど、多かった!!!

この日の食事はこの一食で済んでしまったのだ。

 

 

ぽ子評価です。5段階でオール5っっ!

 

 

「ミニラーメン」