人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

昨日を振り返る。

目覚ましが鳴る。

眠いが十分に寝た感じはある。

3回ほどスヌーズを消してから、起き上がる。

グキッ。

ウッ。

足に激痛が走る。

なんなんだ、訳が分からないが、まずは起きなくては。

びっこを引いて階下のリビングに向かう。

寝起きのびっこはキツいEE:AE5B1

聞けば、厚底サンダルで歩いていてひねったらしい。

捻挫した方の足だったので、また「ふりだしに戻る」である。

それも「痛む角度」が前回と違い、歩くのに頭を使わなくてはならない。

こっちはダメか?こうすれば平気か??

結局、庇おうとしないで普通に歩くのが一番セイフティだと分かった。なので慣れてしまえばほとんど健常者である。

現時点ではまだダンナはそれを知らないので、しばらくしらばっくれて怪我人になっておくか。

昨日はビートルズバンドのリハであった。

日曜日である。二日酔いが予想されたが、前日アホほど早く寝てしまったので朝はスッキリ。

ダンナが朝イチでヘアーサロンSUNへ行っている間に、エクササイズを済ます。起きるなりビリーだ。キツいぞ。

そのあと風呂に入り、ファミレスでモーニングなど食べ、シンセの音色作り。

なんて優等生な朝なのでしょう。このあと猛烈に眠くなったが。

スタジオには何時間いたんだろう??

やればやるほど完成度が上がる気がしていたが、今思えば単に時間が経つほどに酔いが回っただけのことだろう。音源聞くのが怖い。

そしてミーティングと称してその後も飲むのだが。もうこのあたりの記憶は混沌としていて、抽象画のようである。

で、朝になると足がやられていたのだが、ダンナは声が出なくなっていた。

まぁ色々とお疲れさまである。そんな一日だったことだろう。

ライブは2週間後である。