人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

3kmの誇り

2月もとうとう、最後の週になってしまった。

後がない。

これは単なる延期だ、終わった訳でも諦めた訳でもないと言いつつ1年数ヶ月。

このままでは永遠の延期になりそうな状態であった。

黙っていても、その日は来ない。

自分でその日を作らなくては進まないのである。

ジョギングEE:AE474

そしてついにその日を、「今月中」と設定した。設定したら急に、「延期」じゃなくて「終了」だったのかもしれないような気がしてくる。むしろ終了宣言をしていなかったことを、少し悔いた。

ううむ、今が一番辛い時なのだ。走り出せば、進むしかない。

それが今日になると、突然スッと覚悟ができたのだ。まるでこの日を待っていたかのように、抵抗もなくスケジュールに組み込んだ。

こういうのを「観念した」というのだろうか。決して前向きな気持ちではなかったが、それでも確固とした希望は持っていた。

これは単なる苦行ではない。そこにはジョガーにしか分からない、不思議な世界がある。

積み重ねる日々の誇らしさ。

そう、「誇り」だ。私はその誇りに支えられて、走り続けていたのである。

それを、正月が崩してしまった。

恐るべし日本の正月。

私は飲み続け、食べ続け、だらしなく寝っ転がり、そのまま起き上がることはなかった。

大切なものが崩れ始めていることが分かってくると、それを正視できなくなった。

もう大切な日々があったことなど、忘れた方がいい。

やるからやるから。そのうちね。

部屋が散らかるプロセスと同じである。積もれば積もるほど、遠ざかりたくなるのだ。

「延期」という言葉を免罪符に知らん振りを決め込んでいたが、今年の正月ハイで、ジョグ復帰を宣言してしまった。

正月が私を駄目にし、正月が私を立ち直らせるのである。おかしな話だ。

まぁ駄目になった次は、立ち直るしかないのか。その時がきたということだ。

久しぶりに走ったが、距離は3キロであった。

これが一体私の体力に対していか程なのか、今となってはその辺の感覚もすっかり忘れている。

ひどく衰えた感じもするが、ここはまだ正視しないで逃げておこう。

スタートは切った。

とりあえず「逃げ」の後ろめたさからは逃れたぞ(笑)