人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

2nd Day

深酒もせず早く寝たので、翌朝はスッキリしていた。

なので予定通り、ハイキング~♪である。

とは言っても私はネトゲに明け暮れていたので、セッティングは全てダンナである。

で、どこ行くの??

朝ご飯は二日酔いを想定してうどんだったが、汁を作る事を考えてなかった(汗)

砂糖、みりん、なし。

困ったので前夜作っておいた牛スジの煮込みをそのまま汁にした(笑)

これでこそOutdoor。

えれーコッテリした朝うどんであった。

さて、ハイキングにはバスを使う事になった。

歩いて行って歩いて戻るのはキツいので、バスで行って歩き、ゴールからバスで戻るのだ。

まずはもみじ谷大吊り橋で下りる。

観光地らしく、大きなお土産屋さんや食事処がある。

この吊り橋を渡ってからコースに入らなくてはならない。

しかしこの吊り橋が・・・。

ぽ子は高いところが苦手だ。

苦手なことをしなくてはならない時には「苦手である事」に気づかない様に努力するが、吊り橋、長い、高い、揺れる。

腰が抜けそうになった。

写真を撮りたかったのだがシャッターを押せず、「何でもいいから撮って~~!!」とダンナに渡す。

吊り橋の写メはダンナ作である。

吊り橋の先からハイキングコースのはずだったのだが、地図を見間違えて、結局戻る羽目であった。

つまり拷問吊り橋をもう1度戻らなくてはならない。

超怖かった。

怖さは変えられないが、恐い時間を少なくする事ならできる。

私は前だけを見てスタスタスタと一目散に進んだ。

その勢いに、向かってくる人は道を空けた。

顔はひきつっていただろう。

その甲斐あって、行きよりは楽に戻る事ができた。

戻ったら、来た時にはまだ閉まっていたレストランが開いていた。

私たちはコ-ヒーが飲みたかったのだ。

ここで油を売り、ついでに土産屋に入る。

ダンナ、カレーラムネ購入(笑)

まぁあり得なくはない味だ。ジンジャーエールみたいな。

そこには植木や花も売っていて、さらにダラダラしてしまう。

で、かったるくなってハイキングは止め(笑)

車でもう一度この土産屋に来て、盆栽を買ったと(笑)盆栽。

予定より早くキャンプ場に戻る事になったが、軽く飲んだらダンナには寝ていただく。夜に備えて。

もう長い夜は嫌なのよ、キャンプ場でオバケに震える夜は!!

で、自分も寝ていた(笑)

酒宴のスタートは6時だ。

まぁ飲んだ(笑)

食べた(笑)

ダンナも頑張ったが、ジェンガを3回やって3回負けた後、11時に果てた。

またしてもひとり残されたが、仕方なくDSの「英語漬け」をやった。

キャンプ場でひとりで英語漬け。

すぐに眠くなり、寝てしまった。

で、トイレは5時半まで我慢した(笑)

何でこう、キャンプに来るとトイレが近くなるかねぇ。