人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

さようなら、ちびたん

一体、何をやってんだか・・・。

またパソコン中毒にスリップしてしまった。

今日もやりたい事や、やらなきゃならない事が限りなくあるのに、つい開いてしまうのである。

最初は「朝のチェック」だ。

メールのチェック、ブログのコメントチェック、お馴染みさんのサイトチェック。

これで終わらせれば良いのだ。

何の問題もない。

そして、これは午前に1回、夜に1回で事足りるのだ。

しかしダラダラとそこらにチラ見えしているサイトを開いてしまう、何となく知りたかった事を検索してしまう。

そのうち発展して、あちこちに枝分かれしていく。

あぁ、無限の情報を持っているこの機械。

「オラ、これが欲しけりゃ、家事なんてやるんじゃねえよ。」というDELLパソ様の言葉に、いとも簡単に従ってしまうぽ子であった。

今日は、エルがどこか具合が悪いんじゃないかと気になっていたので、猫の病気についての検索に終わりがない。

症状ひとつで実に様々な病気が挙がってくるのだ。

私は不安に煽られ、さらに詳しく調べようとする。

それを「様々な病気」ひとつひとつにやっていたら、時間なんていくらあっても足りないのだ。

そこで仕方なく「ガンではないのか・・・。」と不安を抱えたまま電源を落とす事になるのだが。

しかしまた、1時間もするとパソコンの前に釘付けになっている。

そもそもは病院の診療時間を調べようと思って開いたのだが、ついでに、といつものチェック、気付いたら朝の検索地獄に陥っていた。

まぁ仕方ないのだ。

エルの健康に係わることなのだ。

場合によっちゃ、ガンなのだ。

場合によっちゃ便秘だが。

そんな状態だったので、まるで家事がはかどらなかった。

仕事から帰ってくると、やはりまずパソコンを立ち上げる。

猫のご飯だとか、洗濯物を入れたりだとかの雑用が終わると、また始まるのだ。

朝のチェックならぬ、夜のチェック。

大したアクセスもないブログなのだが、もし珍しくコメントが入っていたら、速やかにお返事差し上げたい。

その暁にはぜひ、お気に入りに追加して頂きたい。

そして、次には号泣していた。

猫の病気を調べているうちに、とあるにゃんこの闘病日記を読みきってしまい、かなり悲しい気持ちになった。

よくあるパターンで、いつも「この日記のこの先は危険だ・・・。」と思うのだが、もうすっかり感情移入していて、「いいえっ、ここで投げたらいけない、最後まで私も頑張る!!」となってしまうのだ。

結局それからどこにも動かず、こうしてまだパソコンの前に座っている。

しかももう飲もうかと考えている。

月曜のピザwithビールから昨日もつい飲んでしまったが、もう2日も飲んじゃったんだから、今週は毎日飲んだ方がいいかぁ、という事だ。

まぁ早く寝るようにします。