人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ズビズバ

最悪だ。

風邪か、二日酔いか、どちらかわからないまま目が覚め、頭痛と吐き気と戦っていた。

何か飲もうと起き上がってみて、分かった。

風邪だ。

この独特の浮遊感は風邪に間違いない。

とはいえ昨日もひとりでダラダラ飲んでいたのだ。

何%かは二日酔いだろう。境い目がわからないが。

「喉の次は怒涛の鼻水です。」

私の先をいっている上司アンガの言った通り、とめどなく鼻が出てくる。

枕の周りには丸めたティッシュがいくつも散らばっていた。

夜中に無意識に使ったのだろう。

参ったね、今日はエルを病院に連れて行く日なのに。

エルのキャリーバッグを膝に抱き、目を閉じて車の後部座席に乗っていた。

気持ち悪い、吐きそうだ。

やはり二日酔いなのか??

まずいな、二日酔いと風邪では、周りの扱いに雲泥の差があるのだ。

しかし私は、ラーメンを全く食べたくない事に気がついた。

あり得ない、これは風邪に決定打。

風邪です。大事に扱って下さいね。

途中で吐いた。

ダンナが心配そうに、「大丈夫??」と言ってくれた。

これでこそ風邪である。

これが二日酔いの場合、「自業自得」と周りも冷たいものだ。

なめこのみそ汁を飲んだ。

水みたいにあっさりしたうどんと、湯豆腐を食べた。

煮魚を火にかけたまま忘れてしまい、この有り様。

↓これはオマケ。

昨日酔っ払って食器洗い機に皿を入れたら、あとちょっと!!ってところフタが閉まらない。

私はどうしても洗いたかったのだ。

ガムテープで止めた。

隙間ができないように気を使ったんだぞ。

しかしこんな状態で洗い出すような間抜けな機械ではなかった。

ちゃんとフタが閉まらないと、運転しないようにできているのだろう。

そんな事にすら気付かなかった私が、間抜けである。

薬を飲んだら楽になってきた。

待ちに待った「マンガNIGHT」、再び!?