人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

MYSTⅢ ~ジェナーニン6・ボールの家~

さて、絵柄は重なったでしょうか。

そうすると言うまでもなく、行きたくなる場所があるのではないでしょうか。

私自身も以前に載せましたが

この丸い盤に見覚えが。

私が見たのは2ヶ所。

1つは7色の改め5色の爪の家の中。

もう1つはボールでぶっ壊しちゃった爪の家の中。

5色の家に関してはこちらを、

ボールでぶっ壊しはこちら

ここでボール、実はボールと言うより樽だなあと思うようになったので、ここから「樽」に改めますが、今酔ってるのでまたボールに戻ったらスンマセン。

で、樽の家について、少し詳しく書こうと思います。

なぜかと言うと、樽を操作するハシゴがわかりにくい場所にあるため、見つからずに進めない方がいるかもしれないので。

まず、樽って何や、樽の家って何や。

こちらから行った、この、

この左の足元の、

この穴の中から入れる家です。

申し訳ございません、樽は転がしてしまったので、画像は現在ございませんが。

で、ここから入っても、樽が邪魔ですよね。

この樽をどけるには、樽の下のレールを動かさなくてはなりません。

そのレールを動かすレバーの場所が分かりにくいのですが、また地上に戻り、この地下への入り口からグッと右に寄せると、

こんなところに、良く見ると、

ハシゴの端っこが見えるではありませんか!!

ここから下りるとレバーがあるので、あれこれ上げ下げしてみて下さい。

ぽ子は難しいことを理論的に考える事ができませんので、適当にいじって偶然動いたままにしました。

そのツケが回り、レールがちゃんと戻ってなかったようで、地下へ下りるハシゴが使えなくなりました。

地下へ下りる部分のレールは、ちゃんと戻しておきましょう。