人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ぎょうざの満州@久米川

つまんねートコ行くなよ、と思った方、あなどるなかれ。

私も、本命を却下したので仕方ない、ぐらいの気持ちで行ったのだが。

そう、本命はその向かいにある店だったのだが、思ったより高くてやめたのだ。

で、方向転換したら目の前にぎょうさの満州があって、こっちがバカ安だったので入ってみたのだ。

そもそも、餃子12個とご飯とスープの「W餃子」500円に惹かれたのだが、「餃子ばっかり12個あってもねぇ」などと欲が出てきて、結局「唐揚げ丼と餃子」660円にした。

世間では餃子騒動で大わらわだが、ここには全くそんな影はない。

昼過ぎの店内は多くの客で賑わっていた。

私の頼んだセットは、餃子と唐揚げ丼とスープのセットなのだが、困った事に餃子だけ先にきて、全部揃うまでちょっと時間がかかってしまった。

ただ食べるだけならいいのだが、私は全部揃ったところを写真に撮りたかったのだ。

まぁそれはこちらの都合だから文句はないが、おいしそうな餃子を目の前に、手も足も出ないのはキツかった。

当方すきっ腹。

で、後から出てきた唐揚げ丼を見てビックリ!!

その丼は(推定)ラーメンと同じサイズの丼で、唐揚げだってドでかいのが5つも入っていた。

野菜炒めと甘酢あんであえてあり、さらにボリュームアップだ。

唐揚げはハフッとなるほどのできたて。

甘酢あんがご飯にもしみて、おいしい。

餃子も普通においしい。

6個もついているので、本来これとご飯だけでも十分な量である。

そこに、少量とはいえ、スープにおしんこ。

すごいボリュームだ。

私は結構食べれる方だと思っていたが、これは厳しい量だ。

ダンナに手伝ってもらった。

この値段でこのボリューム。

味はジャンクの域だが、それなりにおいしい。

そもそもこの値段なのだから、多くを求める気はない。

そこにこのラインナップなら全く文句はない。

満足して店を後にした。

ぽ子評価です。5段階で、

味:3

量:5

価格:5

総評:4

「唐揚げ丼と餃子」 660円