人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

鼻コンクリート

病院へ行った。

そろそろヤツに備えなくてはならない。

花粉症。

ちなみに今日もダンナに起こされるまで起きれなかった。

言い訳はなし。

ハイ、自分に甘いのです。

花粉症の薬は、症状の出る前から飲み始めているのが理想だそうだ。

私の場合症状にはムラがあるが、悪い時は相当悪い。

自信を持って、相当悪いと言う。

もうアレは勘弁という気持ちになるので、毎年「来年は早く病院へ行って薬をもらおう」と決意するのだが、

ぽ子はお調子者なので、喉元過ぎると熱さなんかあっと言う間に忘れてしまうのだ。

あんなに辛かったのに、次の年には病院なんて面倒臭くなっている。

よって、「早めに病院へ行く」はなかなか実行されないが、今年はそれを実行しようと言う訳だ。

ついでに言うと、花粉症の治療には「減感作療法」という、少しずつアレルゲンを体に慣らす方法もあるのだが、これは対処療法ではなく、根本から治そうという療法である。

具体的に言うと花粉エキス(正確な名称は調べていただけるとありがたい)を少しずつ注射するというものだ。

これを1週間に一度だかを何年も繰り返すのだ。

根気がいるが、治るとしたら完全に治るらしい。ただ、100%ではない。

やはり効かない人もいるのだ。

しかし、毎年私は花粉シーズンに、この無謀な治療に挑もうと決意しているのだ。

この治療は確か、症状が治まってからじゃないと始められないのだが、

毎年、症状が穏やかになり、やがて治まる頃にはもうどうでも良くなっている。

今日は、気まぐれに耳鼻科の事を思い出した。

今ならまだ空いているだろう。

私は朝一番でチャリこいで、耳鼻科に向かったのだった。

確かに空いていてあまり待たなかったのだが、先生の治療の方はぶっちゃけいい加減であった。

「花粉症の・・・」と、私がそこまで言うと、カルテを見て「あー、あー、そうね、花粉症だよね。去年も来てたね。」と言い、

「あまり薬が効かないんだよね。(私を覚えているのではない。カルテだ。)じゃあ薬増やしましょう。」

そう言って、一方的に去年と同じ薬、去年効かないと言ったやつ、しかも去年は弱い薬もくれたのに「今年はこれ1本で」と、それを出される事になった。

ムチャクチャ他人事である。

よく喋るが、完全にひとり芝居である。

効かない薬を増やさないで、効く薬を少し出してくれればいいのだ。

「あの~、症状が軽いときは弱い方を飲みたいんですけど・・・。」と言うと、「そうなの?でもね、そうかじゃあ、うんそれなら」云々とあれこれ一人で喋り納得し、

結局なぜか弱い方は去年と違う薬で出してもらう事になった。

一応書きますが、強い方の薬は「ニポラジン」、弱い方は「タリオン」となっております。

そこへ必殺点鼻薬「トーク」。

これだってこっちが言って出してもらったのだ。

これを、この薬を忘れてもらっちゃ困るのだ。

唯一効果を示す薬なのだ。劇的に。

しかし実は両刃の剣で、回数に制限があり、それを超えて使い過ぎると症状が悪化する。

症状を抑えるためにさらに使う→で、恐ろしいトーク地獄に堕ちていくのだ。

去年ももらったのに、先生は「え?これも欲しいの?」と言っただけで、この大事な注意書きについてはひとことも言わなかった。

結局私は、「弱い方の薬も下さい」と言う事と、「トークも下さい」という事を伝えただけだ。

あの先生の鼻の穴をセメントで固めてみたくなった。

それでも彼は「ニポラジン、じゃんじゃん飲んで頑張ってね♪」という態度になるだろうか。

憂鬱な季節はそこまで来ている。