人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

新宿で

数ヶ月に1度、時々家族で会う知人がいるのだが、昨日も数ヶ月ぶりに会ってきた。

新宿だ。

昼にラーメン食べて、買い物して会う予定だった。

ところで昼に食べたのは激辛ラーメンである。

買い物中は平気だったのだが、食事に入った店で、突然激流が押し寄せてきた。

私は涼しい顔をして「ちょっとトイレへ♪」と言い残し、トイレに向かって走った。

見事に腹はブロークンだったが、出してしまえば問題ない。

しかし問題はその後だ。

席に戻ると、数ヶ月ぶりに会った彼女が「じゃ、トイレ。」と席を立ったのだ。

ガッド、イトウィルスメルバッドよ。

ここまで来る西武線で、DSの「英語漬け」をやっていた私は、とっさにそう思った。

英語漬け、効果ありである。

しこたま飲んだので、

ぶー子の機嫌がどんどん悪くなっていった。

帰りの西武線では「酒臭い。」と私の顔をバッグで遮りながら喋っていた。

よー飲んだ。

寒くなってきたので、エルが布団に入って来るようになった。

しかしダンナが寝ている和室では、なぜか布団に入らない。

私は酔っていたので、寝室を譲った。

そして朝になると、「何で私ここに??」と目覚めるのであった。

記憶にない新宿の風景。