人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

陣@東久留米

激空きであった、お腹。

ダンナはギターのレッスンに出かけていたので、帰りを待たなくてはならない。

お腹、激空きだ。

どこのラーメンがいいかネットで色々調べていたが、気がついた。

もうそれどころではない、お腹が激空きなのだ。

もう近いところ。

近くてガッツリ食べれるところ。

陣郎~~~♪

並んで二郎を食べる余裕などない、だったらこれしかない。

メニューから消えたとの噂もあったが、壁にはしっかり「陣郎」のメニューが甦っていた。

安心して注文する。

おお~、野菜も値上がりして大変だと思うが、てんこ盛り、健在である。

てっぺんにキャベツの山、その下からモヤシ、でかい角切りのチャーシュー。

脇にタマネギのみじん切り、ニンニクのみじん切りが添えてある。

そしてプヨプヨの背脂。

うまそーだ。

スープをまず飲んでみると、意外とサラッとしている。ほのかに魚介の風味。

野菜と麺を一緒に食べたいのだが、大量の野菜の重みで麺がなかなか出てこない。

フンムと引っ張り出し、野菜と一緒に食べる。

コシのあるゴワッとした極太麺に濃い味のスープ、野菜のみずみずしさが絶妙である。

やわらかく味の染みたゴロンゴロンのチャーシューもボリュームがあり、存在感がある。

やっぱおいしいなぁ・・・。

ただ、スープが思ったよりもおとなしめに感じたのは、サラッとしていたからだろうか。

かなり濃い味だったが、ギトギトドロドロした感じはなく、それ故に控えめの印象だ。

とはいえ、このボリュームに力強い麺、ラーメンとしてのインパクトは絶大だ。

おいしかった。

おなか一杯だ。

ぽ子評価です。5段階で、

スープ:う~ん、ちょっと弱く感じてしまった。

   「4」。

麺:力強いゴワッとした極太麺。「5」。

具:素晴らしいです。「5」。

総評:う~ん、4に近い「5」かな?

「陣郎」